おぐす内科・消化器科クリニック

診療理念・ごあいさつ

診療理念

地域の皆様に親しまれ、気軽に利用して頂ける診療所、また皆様のニーズに応じて進化し続ける診療所でありたいと思っています。

1. 病気に対してよき相談者
2. 診療にあたり、病状・検査結果は理解しやすいように説明し、一方通行にしない。
3. 医療従事者としての心得を忘れず、納得のいく仕事を送れるよう日々努力致します。
4. 開業医として当然のことですが、病状に応じて適切に専門病院を紹介します。



院長ごあいさつ

 佐賀大学医学部(旧佐賀医科大学)内科にて、消化器(主に胃・腸などの消化管)を中心に診療・研究を行ってきました。

 特に内視鏡に関しては、「苦痛の無い内視鏡検査・正確な診断・的確な治療方針の決定」をモットーとしております。また大腸ポリープの日帰り内視鏡手術も致します。勤務医時代に上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)約10000例・下部消化管内視鏡検査(大腸ファイバー)約7000例の経験をさせて頂きました。また約7000例のうち、約4割の2800例の内視鏡的大腸ポリープ切除術をしてきました。
 これまでの診療経験をもとに、最新の医療機器を駆使し、科学的根拠に基づいた正確な診療を行い、患者様に十分な説明をし、同意を得て治療を行い、地域医療に貢献したいと思っております。

 胃カメラ・大腸ファイバーなどは、検査手技のみならず、検査中の診断に関してもより高い正確さが要求されます。内視鏡検査をどこで受けようかお悩みの方は、「おぐす内科・消化器科クリニック」までお問い合わせ下さい。
 また高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病や癌の早期発見・早期治療のために全力を注ぎます。



院長紹介

院長 小楠 智文 昭和47年1月12日生
学歴 平成8年3月 佐賀医科大学医学部医学科(現 佐賀大学医学部医学科)卒業
職歴 平成8年5月佐賀医科大学医学部内科学教室へ入局。
同大学附属病院および関連病院にて研鑽を積む。
その後、佐賀医科大学助手、佐賀県立病院好生館内科(消化器科)、武雄市民病院内科
(消化器科)医長などを経て、現在に至る。


資格

医学博士(研究テーマ:食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法の検討)
日本内科学会認定医
日本内科学会認定内科専門医
日本消化器病学会専門医(第17回日本消化器病学会奨励賞受賞)
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本臨床内科専門医



当サイトの画像及びコンテンツの無断使用を禁じます。